飯やタバコは我慢できても、風俗だけは我慢できねぇ!!そんな風俗が好きすぎる男たちの熱い思いを綴った風俗体験ブログです。

飯は我慢できても風俗は無理!風俗体験本音ブログ

風俗体験記事

風俗業界新人の女の子と遊ぶ利点が分かった私のホテヘル体験談

更新日:

風俗の業界ではいろんな女の子が働いています。

経験年数も様々で、業界に3~4年居座っているレジェンド級の女の子もいれば、入って間のない新人の女の子もいます。

私は基本的にデリヘルとホテヘルが好きでよく利用しており、一度風俗の業界に入って2日目という女の子に当たったことがあります。本当は熟練したプロの風俗嬢が良かったのですが、まぁたまには新人さんで楽しむのも良いでしょう!とにかく楽しみます!!!

この時は特に自分の中に遊んでみたい女の子のタイプはなく「今日はフリー指名で運任せに遊んでみるか!」という気分になったのです。

もちろん、こういう遊び方は一つ歯車が狂うと全然好みでないタイプの子に当たってしまう可能性だってあるのですが、なぜかこの日はそういった嫌な予感というのは頭をよぎりませんでした。

そして当日、とあるホテヘルに電話をして、「今から1時間後に行きたいんだけど何人ぐらい女の子空いてますか?」と聞きました。すると1時間後なら2人すぐにいけると言われ、「Rちゃんという子が昨日入店したんですけどかわいくてお勧めです」というので即決しました。

そしてお店に行きましたが、10分、15分と待合室にいてもお呼びがかかりません。ようやく20分後に呼ばれてご対面となったのですが、「ごめんなさい、ちょっと遅刻しちゃって・・・」とのこと。

このあたりがまだ業界に入って間もない女の子のご愛敬かなと思いましたが、まあルックスもそこそこよかったので遅れたことについて私は何も言いませんでした。

ホテルに移動する間に聞くと、この子は学生さんでコンビニのアルバイトをしつつ昨日初めて風俗で働こうと思って入店したとのこと。「友達に聞いて時間も好きな時だけで働けるみたいだから入りました」とあっけらかんと答えました。

こういう正直に話すところも新人さんだなと思いましたが、だんだんと「この子なかなかいい子じゃないのか?」と思えてきたのです。

街でナンパして仲良くなった女の子のような雰囲気の女の子

さて、ホテルに入って2人っきりになりました。

慣れた風俗嬢ならば時間の配分を考えつつ、会話からシャワーへと促してくれるのですが、いかんせんこの子は入店したてです。なので私が「時間ないしシャワーしようか」とすぐに促しました。実際は早く彼女の裸が見たかったからです。

少しちらちらエロ目線で彼女を眺めると「いやだ、恥ずかしい・・・」とはにかみます。この子、ホテヘル嬢なのですが、結局入店間もない子というのは素人の女の子と大差ないわけです。「これは自分がリードできる!」と私は思い、お風呂でおっぱいやお尻、さらにはアソコの具合も確かめるように触り、彼女の反応を見てみました。

彼女は恥ずかしそうに私に向かって微笑んできますが、こちらを攻めてくるような素振りはなく、私に身を任せ状態。そのままベッドに行き「フェラってしてもらえるの?」と聞くと、「いいですよ、うまくないですけど頑張ります」と言ってサービスを開始してくれました。

彼女本人が言う通りテクニックはいまいちでしたが、一生懸命やろうと頑張る姿に見とれてしまいました。「昨日は言ったばかりだよね?でもうまいよ」というとまんざらでもないようで、キスをしてきました。

「おぉ、ちっと積極的になってきた」と私は内心嬉しくなり、フェラチオを褒めた効果があったとも思いました。

こんな流れでフィニッシュはパイズリでやってもらいました。パイズリもぎこちなかったですが、おっぱいが大きな子だったので私は何とか発射に至りました。

「優しい方で良かったです。私、お兄さんがまだ2人目で最初にお客さんはおじいさんみたいな人だったんですよ」と話してくれたのには笑いました。

-風俗体験記事

Copyright© 飯は我慢できても風俗は無理!風俗体験本音ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.