飯やタバコは我慢できても、風俗だけは我慢できねぇ!!そんな風俗が好きすぎる男たちの熱い思いを綴った風俗体験ブログです。

飯は我慢できても風俗は無理!風俗体験本音ブログ

風俗体験記事

大阪のホテヘルに初めて遊びに行って風俗嬢にとても癒されました

更新日:

私はいわゆる「ヘルス系」の風俗店に行ったことがありませんでした。

そもそも、風俗で遊んだのも25歳くらいの時にソープランドに行った経験が数回あるだけで、その後は10年以上ご無沙汰でした。

しかしネットでひょんなことからヘルスというジャンルの風俗があることを知り「これは楽しそうだ、女の子も可愛いみたいだし・・・」と興味を抱いていろいろと調べ始めました。私は大阪近郊に住んでいるのですが、調べますと大阪には非常にたくさんのホテルヘルスがあることを知り、交通の便も良い梅田の兎我野町の中からとあるホテヘルを選んで予約の電話を入れました

10年以上風俗に行ったことがなかったので、電話をする前は大の大人ながら子供のように緊張しましたが、電話に出たお兄さんが愛想がよかったのでスムーズに予約が出来ました。

そしていよいよ来店です。

場所はネットで調べた通りに行って迷うことはありませんでした。予約をしている旨を告げると受付はスムーズで、数分待合室で待った後、女の子が到着。いざご対面となったのですが、ぼかしが入ったネットの写真で自分が想像していた通りのなかなかの美人さんで、一目見て「ドキ」っとしました。

私は面食いなので、もし目の前に現れた子が好みでなかったらどうしようと少し不安になりましたが、スレンダー系の美女ということで、ホテルまで徒歩で歩く間にだんだんテンションも上がってきました。

この子はじょう舌に自分から積極的に話してくるタイプではありませんですしたが、それでも会話が少なくて決まずい雰囲気などは感じることはありませんでした。

私は「今からこの子と2人きりになれる!」というドキドキが止まりませんでした。

素人っぽさもこのホテヘルの在籍嬢の魅力

私が利用した今回のお店は、「素人っぽい女の子中心」をコンセプトにしているお店のようで、ホームページの女の子の写真も私服のものが多い印象でした。

この「素人っぽい」というのがホテヘルデビューの私の気持ちを軽くしてくれたという事実もあります。風俗の世界に長くいる女の子がお相手と考えた時、10年以上風俗のブランクがある私は気後れすると思ったからです(もちろん、実際はそんなのことはないのだと思いますが、この時の私は勝手に先入観を持ってしまっていました)。

さてプレイするホテルに入り、2人ども裸になってまずはシャワーです。

お相手の彼女は淡々と仕事をする感じで、気が付いたら私より先に全裸になっていました。小ぶりながら形のいいおっぱいと色白の肌がきれいな子で、私の下半身はこの時点でビンビンです。しかしそれを見てもこの子は特に反応はありません。

当たり前のようにビンビンの状態をシャワーできれいにしてくれて、終わった後、「これで大丈夫ですよ」と言って準備を終えました。そしていざプレイです。

私は彼女に身を委ね、流れはお任せしました。

「上に乗っていいですか?」と15分ほどしたら話してきたので「いいよ」と言うと、そのまま素股でフィニッシュに導いてくれました。ちなみに素股なんてプレイも人生で初めてでした。

そもそもこんなプレイを普通の男女がセックスですることはありません。

ヘルス特有のプレイなわけですが、これが何とも気持ちよく、フィニッシュ後の充実感がたまりませんでした。「気持ちいねこれ、〇ちゃんうまいね、さすがだよ」と彼女に言うと「そうでもないですよ。

私、ほんとは素股あんまり得意じゃないんです」と謙遜してましたが、私は彼女に素股で気持ちよくしてもらってこの日は相当癒されました。ちなみにヘルスは料金も安く、リーズナブルです。

-風俗体験記事

Copyright© 飯は我慢できても風俗は無理!風俗体験本音ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.